阪大生が綴る!『トビタテ!留学JAPAN』のリアルな申請スケジュール【後編】

Bonjour!フランス留学中の外部投稿者、SORA (@tobitate9_FR / twitter) です!

前回↓に引き続き、トビタテについて投稿させていただきます!

『トビタテ!留学JAPAN』の奨学金って? メリット・デメリットを徹底解説!【前編】

 

今回お話しするのは、トビタテ申請スケジュールについて!!

 

 

書類審査

【申請のスケジュール:書類】

トビタテは年に2回、募集されています!

私は、冬に募集があった第9期に応募しました。

 

例として、どんなスケジュールで動いていたのか。

阪大であったサポートも含めて、参考に載せていきたいと思います!!

トビタテ9期の応募期間は、平成29年12月7日~平成30年3月2日

しかし!

阪大の応募締め切りは、平成30年1月11日 でした!!

             ※学内締め切りにご注意を。

 

こんなに早い時期に締め切るのは、理由があります。

合格が難関といわれるトビタテのために、

国際学生交流課が添削サポートを実施してくれる (計3回) からなんです!!

 

また、

1月12日には、第9期応募者の交流会・説明会

         (今後の流れや、過去トビタテ生のプレゼン、留学計画の話し合いを含む)

1月18日には、教員・トビタテOB/OGによる留学計画相談会

  +トビタテカフェというものがあって、阪大のトビタテ生に相談に乗ってもらえる

と、さまざまな交流イベントも開催されていました!

 

 

トビタテの留学計画とは?? と疑問に思っている方に、

『トビタテの提出書類』について簡単に説明します!!

 

トビタテの書類は、全てオンライン上で作成します。

項目は、およそ以下の通り! (※★:最も重要な2つです)

留学計画のタイトル / 留学計画の目的と内容 (1000字)

  ※インターン、フィールドワーク、ボランティアなどの実践活動が必須!

☆申請コース選択の理由

☆学修成果 / 測定方法 と       その詳細

☆期待できる学修・実践活動の成果の活用

☆留学計画実現のための取組

自由記述 (A4×2枚)

 

トビタテ生が、どんな留学計画を立てているのかは、

留学計画大図鑑 ~先輩たちの留学体験談~ を参照!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これらについて、形式的な不備内容の修正を含めて、

最終的な書類提出は 2月22日 でした!!

 

国際交流課の担当者からは、厳しくも分かりやすく、この上なく丁寧な添削をメールでいただきました。さらに間違えやすい項目についての注意喚起や、過去トビタテ生 (複数名)からの応援メッセージなども全員に送ってもらえて、とても助かりました!!

 

【筆者の体験談:書類】

ちなみに、私自身の「書類準備・体験談」を加えておくと、

当初から手が進まず、入力を始めたのが、締め切り約1週間前 (1月3日)

最初の添削で当然ボロボロに指摘される!!(1月11日)

やりたいことの焦点が定まらず、大幅に書き直すこと2回!!(2月初旬)

しかも最終提出の2日前に、留学計画をかなり変更しました!!!(2月22日)

正直、受かるとは思っていなかった

私の留学計画については、この紙面では語りきれないので、またの機会に!!

 

これは人によっては簡単に決まることなんですが、私は「やりたいことを見つける」ために、本当に苦労しました。ヒントは、とにかくインターネット図書館で調べまくっていました。

 

書類審査の結果は、4月23日に届きました。

 

 

面接審査

【申請のスケジュール:面接】

面接審査の流れと内容は、以下の通り!!

 

個人面接

→15分の質疑応答。

 

グループディスカッション (5-6人のグループ+1人の面接官)

 →各自で留学計画発表(4分)+面接官から質疑応答(2分)、学生間の質疑(10分)

  次に、【最高の留学にするために必要な3つのこと】というテーマが与えられる。

  一人で考察(2分)+グループディスカッション(18分)+グループ発表(1分)

 

 

阪大の面接対策としては、

リクルートキャリア主催のものが、3月6日、5月10日(※参加必須)

学生主体のものが、4月10日、4月28日

と、だいたい3時間半ずつの模擬面接練習がありました!内容は、ほぼ本番通りです。

また、学生同士でもFacebookグループを作成して、留学計画を相談し合っていました。

 

→5月10日:本番2日前の木曜日、最後のリクルート模擬面接について補足しておくと、

  前回のトビタテ受験生にとったアンケート(服装、当日の流れ、雰囲気など)がもらえて、めちゃくちゃ役に立ちました!!

  また、リクルートのスタッフから非常に詳しいアドバイスをいただけました!!!

 

 

そして本番は、5月11日(土)・12日(日)の2日間でした!!!

          (※どちらか片方、午前・午後を指定される)

当日には、面接後に交流会もあり、いろんな人の留学計画が聞けて楽しかったです!!

 

【筆者の体験談:面接】

さて、ここでも私の「面接準備・体験談」を加えておくと、

ものすごく忙しかったり、あんまり通ると信じていなかったりもあって、

面接準備を始めたのが本番週の月曜日(5月7日)

木曜の模擬面接・直前まで、必死にパワーポイントでスライドを作成して、

  (※もっと早く始める人もいれば(多数派)、1日で作成する人もいます(少数派))

なんとか本番には形にすることができました。あまりオススメはしません…orz

面接審査の結果は、6月18日に届きました!!!

 

 

トビタテのアドバイス

 

第9期の採用人数は、4コース(※前回の記事 / 地域人材コースを除く)で約500人。

応募人数は1728人。(※倍率はコースによって異なる)

合格するためのポイントについて、簡単に載せておきます。

 

トビタテの選考では

“産業界を中心に社会で求められる人材”

“世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”

を育成するという観点が、審査の基本方針とされています。

 

よって、選考を通過するためには

産業界に貢献できること

将来グローバルリーダーとして、活躍できること (行動力、思考力、挑戦心など)

やりたいことが明確にあって、情熱的に語れること

留学計画に具体性があって、実現可能性が高いこと

などが求められます!!

 

トビタテの事前研修で、

「課題解決に向けた行動全てがリーダーシップだ。

それぞれの人が得意な『マイ・リーダーシップ』をもっている」

というお話を聞いたので、挫けずに頑張ってください!!

 

 

最後に

 

トビタテ合格後には、壮行会や事前研修などの楽しいイベントがありました。

そこで言い渡された、トビタテ生の使命は3つ。

 

  1. Global Leader各分野の専門家となって、産業を牽引していくこと。
  2. Ambassador海外に日本の良さを発信すること。
  3. Evangelist留学経験を次世代へと伝道すること。

 

  これから頑張っていきます!!

 

もしトビタテについての詳しい質問があれば、SORA (@tobitate9_FR / twitter) のアカウントまでご連絡ください!申請書類やパワーポイントを送ることもできます!

それではまた!!

REAL-2018th

大阪大学で開催されているREALプログラムの2018年度受講生です!

コメントを残す