フィンランド交換留学にかかる費用まとめ【生活費編】

もい!フィンランド留学中のなのはです!

1月には気温が-20℃まで下がることもあり、「凍てつく」という言葉を体感できました。表情筋って凍るんだなぁ。

そんな凍える寒さのフィンランドの冬ですが、ほんとうに美しいんです。写真で伝えられないくらい。

 

フィンランドの凍った海
凍った海

 

フィンランドの凍った海
氷をかきわけて進むフェリーの上から

 

フィンランドの凍った海での夕日
夕陽に照らされた雪景色は息をのむほど美しかったです。

さて、今日は交換留学にかかる費用まとめ【生活費編】ということで、フィンランドでの実際の生活費について綴ります。

留学にかかる費用は、①阪大へ払う学費、②留学準備費、③現地での生活費の3つに分けられますが、このうち③のフィンランドでの生活費の内訳をご紹介します。

②については、前回【留学準備編】で実際に必要だった費用をまとめているのでこちらも一緒にどうぞ!

物価が高いイメージの強いフィンランド。留学生活にはいくらかかるの?やっぱり物価は高い?内訳は?費用は貯金したの?実際の費用をすべてお見せします!

 

フィンランド交換留学にかかる生活費は?実際の生活費内訳。

フィンランドでの留学生活ももう5か月。実際のわたしのとある月の生活費を(少し恥ずかしいですが)まるごとお見せします!

ここでは、ボストンキャリアフォーラムにかかった費用は抜いています。

※1ユーロ125円として計算 (2019年2月現在)

 

もくじ(*クリックでジャンプ)

家賃

52,000円 (419ユーロ)

Wi-Fi、電気代、水道代込の金額です。

ヘルシンキ大学から電車で25分の郊外に、3人でフラットシェアをしています。ひとり一部屋、キッチンシャワートイレを共用しています。家具は備え付けです。

部屋はヘルシンキ大学への留学申請と同時に、HOASという斡旋団体の部屋を申し込みました。

部屋については、下記の記事に写真といっしょに紹介しているので、ぜひご覧ください。

食費

15,000円 (120ユーロ)

食事は基本的に昼は学食(Unicafe)、朝夕は自炊です。

学食は2.6ユーロでたくさん食べられるのでとってもありがたいです。

フィンランドの物価は高いイメージがあるかと思いますが、お酒、おやつを除き食材の価格は、日本よりやや安いように感じます。また、野菜や果物が量り売りなのでひとり分の料理をするのに便利です。

わたしは平均より多く食べるタイプですが、毎日おなかいっぱい食べても、日本より安いくらいの食費に抑えられています。

外食をしなければ、食費は抑えやすいと思います。

 

通信費

2,500円 (20ユーロ)

SIMフリーのスマートフォンにプリペイドSIMカードを入れて使用しています。キャリアはDNAで、データ無制限のプランで、一日あたり1ユーロです。北欧はIT先進国であり、通信費は日本に比べて安いです。

ただ、家・大学・メトロすべてに質のよいWi-Fiがついているので、データ通信がなくても快適に生活できます。

わたしもルームメイトの「SIMカードって本当に必要なの?」という言葉をきっかけに、12月からSIMなし生活をはじめました。節約節約~。

 

交通費

3,400円 (27.4ユーロ)

ヘルシンキ市内で乗り放題の定期券です。留学生も学割が使えます。定期券が最寄り駅のチケット売り場ですぐに買えるのが便利です。

 

書籍代

3,000円

留学前にKindleを購入し、留学先でも日本語の本をダウンロードして読んでいます。

教科書に関してですが、わたしが履修した授業では、図書館に約5~15冊の紙の本が用意されており、そして約10冊のebookが用意されていたので購入していません。

大阪大学に比べてヘルシンキ大学はかなり教科書が借りやすいように感じます。

また授業で用いる教材は、教科書だけでなく、資料や論文、記事なども多く、すべてがオンラインで共有されます。

 

娯楽費

1,250円 (10ユーロ)

サウナパーティーやホームパーティーなどに参加したときの費用です。わたしは、パーティー好きなほうではないのですが、この月は2回ほど参加しました。

 

まとめ

わたしの1か月の生活費の内訳をまとめるとこんな感じ。

家賃 52,000円
食費 15,000円
通信費 2,500円
交通費 3,400円
書籍代 3,000円
娯楽費 1,250円
合計 77,150円

フィンランドでの月々の生活費は、およそ7万円~8.5万円の間をうろうろしています。外食や買い物をあまりしないこともありますが、日本(大阪)での学生生活より安く済んでいます。

生活費と準備費は月額11万円の給付型奨学金とアルバイトで貯めた15万円の貯金でまかなっています。

交換留学を考える方には必ず申請すべき!給付型奨学金の申請についてまとめた記事もご一緒にどうぞ。

金銭面は、留学を考える際に、できる限り具体的に見積もるべき障壁のひとつ。

留学中の生活費は、家賃と食費が大部分を占めるはず。留学先を検討する際に、現地の物価や寮の家賃を調べると生活のイメージがつきやすいのではないでしょうか。

それでは、もいもい!


最後まで読んでくださってありがとうございます!

2018年の人気記事をまとめたランキングもあわせてどうぞ(^o^)

この記事を書いた人

なのは

法学部4年生。フィンランドのヘルシンキ大学社会科学部に交換留学中。専門は、計量経済学×社会福祉。メンバー内海外志向低いランキングだんとつ1位(おそらく)。海外経験少ないランキングも1位。南アフリカ・カナダ・日本という、出身大陸も人種もばらばらな3人でのシェア暮らし。将来の目標は、ねこを飼うこと、圧倒的自給自足力を手にすること。

なのはの記事一覧ライター一覧

REAL-2018th

大阪大学で開催されているREALプログラムの2018年度受講生です!

2 thoughts on “フィンランド交換留学にかかる費用まとめ【生活費編】

  • 2019年4月22日 at 3:40 PM
    Permalink

    なのは 様

    突然すみません、
    はじめまして、ブログ拝見させていただいております、大阪大学外国語学部ハンガリー語専攻4年、平松と申します。

    この度、5月末よりヘルシンキ大学のサマーコースを2ヶ月受講予定で、交換留学ではないのですが準備について、現地での生活についてお伺いしたいことがたくさんあり、もしよろしければお話聞かせてください…!

    平松

    Reply
    • 2019年4月22日 at 9:34 PM
      Permalink

      平松さま

      コメントありがとうございます。ブログも読んでくださっているようで嬉しいです。
      ヘルシンキにいらっしゃるんですね。ヘルシンキの夏はとても美しいと現地の友人が話していました。
      質問大歓迎です。できる限りお話しさせていただきます。
      メールアドレスにご連絡差し上げましたので、ご確認お願いいたします。

      なのは

      Reply

コメントを残す