ボスキャリ2018レポート vol.1~事前応募・Skype面接編~

こんにちは!デンマークのコペンハーゲン大学に留学中のしぃぽんです!

3回生で留学にいく多くの人が気にしているであろう、そう就活!!

そうボストンキャリアフォーラム!!に参加してきました。

卒業年延ばすくらいなら大学院進学してやる!!と心に決めていた私でしたが、

 

「果たしてそんな浅はかな考えでいいのか?」

「ほんとうに就活はできないのか?」

 

と迷いも幾分かあったので、
他のREALブログメンバーが参加するのに便乗して、

内定もらえなくてもいい経験、もらえたらラッキー☆

というスタンスで参加を決めました(ボスキャリの半年前)

そんなわたしは、8社応募し、第一志望のITコンサルS社から内々定、他に2社(いずれもITコンサルJ社F社)は後日最終面接という形でボスキャリを終えました~

ありがたや~

 

ボストンキャリアフォーラム~事前応募編~

ボスキャリに参加する企業への応募方法は2つ、

①事前にオンライン応募

②当日にWalk-in応募

です。私が今回応募した8社すべて、①の「事前にオンライン応募」でアプライしました!!

なのでこの記事は、①でボスキャリに臨んだ私が思う事前応募の良い点や留意点を、実際の経験と合わせてお伝えします。

②についてはペリーの記事を参考にしてくださいな。

ボスキャリ2018レポート vol.2 〜本番勝負!Walk-in編〜

 

事前応募・事前面接が良い理由

ボスキャリ当日が楽

事前にオンラインでの応募の大きな特徴のひとつに「事前面接」があげられます。

会社によって面接の回数は様々ですが、例えば、

 

1次面接→2次面接→最終面接→内々定

 

というプロセスならば、
1次面接をSkypeで10月とかに先に終わらせることができます。

なので、当日のスケジュールが楽になる、ことが良い点としてあげられます。

実際のわたしの9月末以降~ボスキャリまでのスケジュールはこちら↓

その場で面接の合格を言い渡され、次の面接を同じ日の隙間にいれたりして
一日目に面接をすべて完了し、2日目以降やることありませんでした笑

 

会社の雰囲気を知ることができる

事前面接をすると、ボスキャリより前に会社の人と話すことができるので、

会社の雰囲気やスタンス、将来一緒に働くかもしれない社員さんとの相性

を知ることができます。

 

わたしも、「ここは、そんなに魅力を感じないけど業界的に応募しとこう」
っていうぐらいの気持ちで応募した会社と事前面接したところ、
社員さんの考え方とか会社に対する思いを聞いて

「こんな素敵な会社で働いたら、楽しいだろうな、やりがいもありそう!」

と感じて、第一志望になったという経験をしました!
(ちなみに内定いただきました^^)

一方で、「ここいいな」と思って応募してみたけど、面接でいろいろ話聞いてみたら「なんかちゃうな」って思うことも多かったです。

あと、応募開始時期はITコンサルに絞ってなかったけど、面接してるうちにITだなって業界も絞れました。

 

事前面接なら、ボスキャリ当日と違って
日程さえ合えばいろんな会社と面談する時間があると思うので、

「絶対ここ!」って絞り込みすぎずに、「いったん面接してみる」というのも一つの手かと思いますよ!

 

余裕をもって準備ができる

ボスキャリ当日と違って、1日に何個も面接を受けるってことがないので、
余裕をもって準備してから面接できます。

 

業界研究や志望理由も同時に複数社のことを考える必要はないので、
事前面接の日はその会社に集中して準備できます。

 

ただ、留学期間内での準備ならば、留学先での授業の勉強が大変だと、
準備に時間を割くのが難しくなるので注意です!

 

事前面接で気をつけること

服装

服装の指定はありませんでした。が、あくまで面接なので
とりあえずスーツを着用していました。

スーツじゃないから不合格っていうことはないと思いますが、怖い人はスーツを、「そんなんで落とすような会社はこっちから願い下げだ!!!」っていうスタンスならきれいめな服装とかでもいいと思います。笑

 

Skypeでの面接なのでパソコンだと肩ぐらいまでしか映らないため、
上半身だけスーツ、または白いブラウスを着てやってました。

友達の中には、上半身スーツで下はパジャマだった人もいるようです笑

 

場所

自分一人の部屋がある場合、そこでやるのが一番無難だと思います。

ただ、寮でルームシェア(一つの部屋を2人以上でシェア)している人は注意が必要です。

私はルームシェアだったので、同じ空間に人がいては面接に集中できませんし声が入って会社の人も聞き取りづらくなります。また、時間帯によってはルームメイトにも迷惑をかけてしまうので、別の場所を探す必要がありました。

私は、大学の空き教室や、寮の各階にあるコモンキッチンという部屋で、人がいないのを確認してそこでやっていたりしました。

しかし、1度面接途中に掃除のおばちゃんが入ってきて掃除機かけ始めたことがあり、面接が一時中断してしまったことがあったので、場所選びには注意してください。

(その面接は不合格でした。。。え)

 

時間帯

留学あるあるですが、時差を考慮する必要があります!

もちろん面接の時間は日本基準で、日本にいる会社の人が出勤する時間帯に合わせる必要がある場合がほとんどです。
おそらく日本時間で午前8時から午後5時の間になると思います。

 

しかし時差7時間のデンマーク(10月下旬から時差8時間)では、

午前1時から午前10時の時間帯になります。

 

提示された面接時間の候補から選んで面接の予約をする場合はもっと時間帯が限られてくるので、
深夜に面接をせざるを得ないことが多々ありました。

わたしは、午前1時とか3時が多くて、よくても午前7時に面接とかだったので、
深夜にコモンキッチンで待機して面接をするなどしていました。。。

眠かった。。。

なので、授業に遅れないようにとか、面接を寝過ごすことがないように注意してください。

 

ひとこと

事前面接を8社うけてみて、
会社の雰囲気とのマッチングは面接してみないとわからないことが多い
というのが一番の感想です。

 

大学の勉強と並行して準備するのはとても大変だったので、
ボスキャリで本気で内定をもらいに行く人は、
どんな授業を取るかも履修登録時に考慮しておく必要があります。

 

とはいえ、準備期間を含めたった一ヶ月間ほどの就職活動で内定がもらえる超効率的な就活なので、

留学を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください!!

しぃぽん🐤

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ボストンキャリアフォーラム2018には、留学ブログのメンバーが6名参加しました。これから連載形式で計4本の記事をお届けする予定です。

次回vol.2では、本番勝負!Walk-in編をお届けします。そちらもお楽しみに!

〈ボスキャリ2018連載シリーズ〉

vol.2〜本番勝負!Walk-in編〜
>当日企業のブースへ出向いて履歴書を提出し、選考を勝ち抜くWalk-inはちょっぴりコツが必要です。当日のレポートとともに大公開!

vol.3〜事前応募ver.当日の様子編〜
>事前応募から当日の内定へ至るレポートです。「思い切って企業数を絞った」「楽観につながる自信は持たない」など、多くの気づきが込められています。

vol.4〜半年前から始める!留学前の準備編〜
>約1万人の日本人が集まるといわれるボスキャリでは、ホテルや航空券の予約も一苦労です。そんな中で、ホテルや航空券を格安でゲットしたメンバーがその秘訣を紹介します!

 

〈就活に関連する他の記事はこちら〉

二日で内定GET!留学生の就活レポート【LAキャリアフォーラム完全攻略】
>ロサンゼルスで行われたキャリアフォーラムの様子を徹底解説!
「キャリアフォーラムって何?」という方はまずこちらの記事からどうぞ^^

【欧州最大の就活イベント】ロンドンキャリアフォーラム2019に参加しました
>イギリスはロンドンで開催されるロンキャリについてのレポートです!
準備から当日のタイムスケジュールまでしっかり書いてあるのでヨーロッパに留学する学生は必見です!

留学生の就活事情
>留学先でも就活はできる!
就活を理由に留学を諦めてしまいそうな人に、読んで欲しい記事です。

 

〈Twitterにて日々情報発信中〉

@ryugaku_realにて留学に関するお役立ち情報&留学生の日常を発信しています。

質問箱も解説中!匿名で質問できるので、気軽に利用してみてください😊

この記事を書いた人

しぃぽん

法学部4年生。デンマークのコペンハーゲン大学に交換留学中。専門は、計量経済学と開発経済学。食べ物で釣られるタイプ。ラーメン一杯2500円するほど物価の高いデンマークを選んだことをいまさら後悔し、留学中の旅行はもっぱら物価の安い国でご飯を食べることが目的となっている。現在大学院進学も視野に入れている。

しぃぽんの記事一覧ライター一覧

REAL-2018th

大阪大学で開催されているREALプログラムの2018年度受講生です!

コメントを残す