留学生の就活事情

こんにちは!オーストラリア国立大学(ANU)に留学中のこころです(^^)/

 

まずは、私が更新していないこの3か月の間に自然災害が次々と日本を襲ったみたいで、、、被災された皆様のご無事と、現在続行中の復旧作業に関わる皆様の安全を心からお祈りしています。

関西国際空港頑張って、、、!

 

さてさて、こんな時こそ日本の外からの明るい、有益な情報を提供したいと思いまして、、、

今回は「留学生の就活事情」というテーマで、実際にわたしが先月参加した、マイナビ主催の「Japan Career Fair」のお話をできたらなと思います!

「これから留学を考えているけど、就活大丈夫かな、、、?」と心配している人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、「留学生のための就活の門戸は、思った以上に開かれている」ため心配しなくて大丈夫!

 

実は留学中も就職活動ができる!

そもそもわたしは、「2年生の2月~3年生の11月」という留学時期を選んだため、帰国してからも冬のインターンと就活解禁には間に合うことから、「日本帰ってからやればいいや~」というように比較的楽観的に考えていました。留学中に就活する予定は全くなかったし、できる機会があるとも思っていませんでした。

しかし!

特に英語圏の留学先では、日本企業がわざわざやってきて、「将来日本で働きたい留学生(正規・交換)」を対象にしたキャリアフォーラムが開催されるのです。

で、また結論から言うと、このキャリアフォーラムには、積極的に参加するべきです!

なぜなら、日本で就活するよりも圧倒的に学生の母数が少ないため、「内定ゲットできる確率が高い」から、そして日本での選考プロセスよりも格段に「早く内定がもらえる」可能性があるからです!!

 

Japan Career Fairはお得だしおすすめ!

わたしは先月(8月25、26日)にシドニーで開かれた、マイナビ国際派就職主催の「Japan Career Fair」に参加してきました。

このキャリアフォーラムには毎年2,3百人の日本人留学生が参加するようで、内定の数は各企業数人程度と聞きました。参加企業数は今回12企業でした。

例えば、某外資コンサルの今回の倍率は約10~20倍と予想できますが、(エントリー人数非公開のため正確にわからず申し訳ありません)日本では少なく見積もってもそんな倍率ではないでしょうから、とても効率のよい選考だと思われます。

ちなみに、日本での通常選考では存在するWebテストとグループディスカッションもこちらでは免除で、

事前のES提出→Web面接20分→当日1次面接(ケース面接)20分→最終面接20分

ほどのプロセスでその日に内定を頂くことができました。

かなりお得だと思いませんか???

他にも2つの企業の面接を受けて選考を進めることができましたし、企業の方とフランクにお話ができるスペースが設けられており、日本でインターンができない分このような就活準備になる機会が少ない留学生にとってはとてもうれしいイベントでした。

事前にはマイナビの社員さんが留学先の大学で対策セミナーを開いてくださったり、当日も面接練習をしてもらえたりと、サポートも手厚いです。

このイベントに参加したことでこれからの就活への不安がだいぶ解消され、より留学先の勉強にも集中できるようになったと感じています。

Japan Career Fair 以外にも、マイナビ主催の留学生向け就活イベントが日本国外で色々と開催されているみたいです。ぜひマイナビ国際派就職のHPをチェックしてみてください!

 

 

また、別のエージェントにはなりますが、 CareerForum.Net (CFN) というバイリンガルのための就活サイトが主催する、Boston Career Forum」(通称ボスキャリ)が、11月にアメリカのボストンで開催されます。

1年で最大規模の日本人留学生対象の就活イベントで、わたしもREALブログのメンバーの何人かと一緒に参加予定です。ボスキャリ関連の記事は下記からどうぞ!

〈ボスキャリ2018連載シリーズ〉

vol.1〜事前応募・Skype面接編〜
>確実に内定へつなげるためには、事前の応募が鍵になります。8社へ事前応募したメンバーによる、事前選考の徹底解説は要チェック!

vol.2〜本番勝負!Walk-in編〜
>当日企業のブースへ出向いて履歴書を提出し、選考を勝ち抜くWalk-inはちょっぴりコツが必要です。当日のレポートとともに大公開!

vol.3〜事前応募ver.当日の様子編〜
>事前応募から当日の内定へ至るレポートです。「思い切って企業数を絞った」「楽観につながる自信は持たない」など、多くの気づきが込められています。

vol.4〜半年前から始める!留学前の準備編〜
>約1万人の日本人が集まるといわれるボスキャリでは、ホテルや航空券の予約も一苦労です。そんな中で、ホテルや航空券を格安でゲットしたメンバーがその秘訣を紹介します!

 

まとめ

このように、留学生にも就活の機会が十分あるんだってことがわかっていただけたかと思います。

就活が心配で留学を迷っている人がもしいたら、本当にもったいないと思います。こんなに機会はあるし、留学で何かに打ち込んだ経験は絶対就活にも活きると思うので、大丈夫です!

もっと詳しい話が聞きたい方や質問がある方は連絡かコメントください(*^-^*)

ではでは長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事を書いた人

こころ

法学部4回生。 18年2月〜11月の10ヶ月間、オーストラリア国立大学にて日中米を中心とした国際関係学、及び国際ビジネス学を学ぶ。 趣味はトランペット演奏で、留学中もミュージカルにバンドの一員として参加。吹奏楽歴9年目にして初めて音楽を通じた異文化交流を経験。

こころの記事一覧ライター一覧

REAL-2018th

大阪大学で開催されているREALプログラムの2018年度受講生です!

コメントを残す