二日で内定GET!留学生の就活レポート【会計・コンサル業界キャリアフォーラム】【LAキャリアフォーラム完全攻略】

 

 

※キャリアフォーラムは撮影禁止です。今回は特別に許可を得て撮影しています。

 

 

こんにちは、UCSBに留学中のしんのすけです!

今日は、ボスキャリの縮小版、ロサンゼルスキャリアフォーラムロスキャリLACFについて書きます!

貴重な情報、盛り沢山です!

 

【2019年4月23日追記:名称の変更について】

ロサンゼルスキャリアフォーラムの名称が、「 会計・コンサル業界キャリアフォーラム 」( Accounting&Consulting Careerforum)に変わりました。

 


 

1.LAキャリアフォーラムとは?

 

そもそも、キャリアフォーラムとは、海外の大学に通う日本人留学生のための就活イベントです!

 

内定やインターン(そしてそれに繋がるディナーの参加権)を獲得するための選考が行われ、

早い人だと、開催される数日間で内定を獲得してしまいます。

 

 

選考には2種類あって、

①事前応募

キャリアフォーラムまでにES、Webテスト、オンライン面接なんかを済ませておく。

こちらのほうが内定が出やすいらしい、、、!

 

②当日応募(Walk-in)

キャリアフォーラム当日に履歴書(日英両方or片方)を持参して、企業のブースで提出する。

運が良ければ、その日のうちに電話がかかってきて、選考に参加できる。

 

 

 

キャリアフォーラムは、1年を通して世界各国で行われます!

そのスケジュールをまとめてみました!

CF schedule

 

赤で示したボストンキャリアフォーラ(ボスキャリ)が最大のキャリアフォーラムで、

世界最大の日英バイリンガル向け就活イベントです。

 

 

ボスキャリは、他のキャリアフォーラムと段違いの規模を誇り、

  • 世界中から8000人もの日本人留学生と
  • 200社もの有名企業さんが参加します

(ちなみに次に大きいのは、6月の東京CFです)

 

 

今回、紹介するLAキャリアフォーラムは、1年で最初のキャリアフォーラムです。

 

2018年度は、10月5日~6日にロサンゼルスで行われました。

では、実際の様子を見てみましょう!!

 

 

2.1日のスケジュールと現地の様子!

lacf flag

さて、最初にも言いましたが、キャリアフォーラムは写真撮影厳禁です!!

今回は特別に許可を得て撮影したので、無断で写真を撮らないよう気をつけてください!

 

さて、スケジュールを紹介する前に、僕しんのすけがどこを受けたのか小声で紹介させていただきます。

僕はいわゆる外資系コンサルのBIG4から、P社さんのフルタイムとK社さんのインターンを受けました!(卒業年度の都合上こうなりました。)

P社さんは事前応募、K社さんはWalk-inです。

 

 

2-①LACF中のスケジュール

 

では、そんな僕のスケジュールがこちら!

LACF Schedule

 

 

二日目は不参加だったのでこんな感じですね

 

2社しか受けていないのに意外と忙しい!!

一日4回もGDや面接を受けるのは初だったのでどっと疲れました。

 

 

事前応募のP社さんは、

  • 一次グループディスカッション
  • 二次面接(ケース面接)
  • 最終面接(パートナー面接)@UCLA

 

Walk-inのK社さんは、

(インターンにエントリーしWebテストを残すのみなのですが、フルタイムのほうにも誘っていただきました。)

 

という感じでした。ちなみに英語は一度も使いませんでした!!

 

 

 

お気付きかと思いますが勝率100%です。。

LAキャリアフォーラム、魅力的です。。。

 

 

K社さんディナー(許可いただきました)

P dinner

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P社さんディナー(許可いただきました)

P dinner

 

 

 

 

 

 

 

やはりステーキが定番なんでしょうか、??

K社さんのディナーは学生4人、P社さんは6人でした。

 

 

さて、もりもり行きましょう!

次は現地の様子です!!

 

 

2-②実際の様子

 

ロサンゼルス国際空港から電車で向かい、9時ごろには最寄駅に到着し、歩いて会場に向かいました。

(ロサンゼルス国際空港から会場までの送迎バスも出ていますが、高額なので使いませんでした。会場近くには、コーヒーショップやハンバーガー屋さんがありましたが、朝は開いていないのでご注意。)

ここで少し驚いたのが、案内板のようなものが何もない!

なんとなく、会場はこちら、みたいなものがあちこちにあると思っていました。

 

 

さて、こちらが会場です。

正直、初のLAで迷いそうでしたが、黒いスーツに身を包んだ日本人がいたので着いて行けば辿り着けました。

Entrance

 

 

赤い四角が、受付です。

(受付は撮影許可下りませんでした。)

 

ご覧の通り、外からだとそれと分かりづらかったです。

 

 

さて、CFNアプリを使い受付を済ませると、名札のようなものをいただき、首から下げます

tag

やはり文系が多いようですね。

 

受付は1階でしたが、会場は地下1階です。

こちらが会場マップ!

map

 

①受付

受付はCFNアプリを使うとスムーズに入れます。

ちなみに会場図(企業ブースの場所も)とセミナースケジュールも受付でもらえます。

 

②コートチェック

無料で、スーツケースや荷物を預かってくれます。

 

③セミナー室

企業担当者が、日本語でセミナーを行っています。

僕が参加したときは、6×8の48席に対して学生は15人程でした(P社)

その後の選考に有用な情報も提供しているのでセミナーはオススメです!

ただ、セミナー1つで1時間あるので、セミナー選びとスケジューリングに注意です(途中退室可)

 

④学生ラウンジ

lounge

椅子と丸机があり、空き時間はここで過ごします。

軽食とコーヒーが用意されていて、好きに飲食できます。

(午前はドーナツと皮のついたままの果物、午後はクッキーとスナックでした。ただ、学生はあまり口にしていませんでした。私はドーナツ3個クッキー2つ食べてあまりの甘さに気持ち悪くなりました。)

しんのすけ調べでは、初日の10:30のタイミングで会場には、男子39名、女子33名の72名の学生がいました。

正規留学生の4年生が最も多く(特にUC)、最も遠くから来た人で東海岸から来ていた人がいました。アメリカ国外からの参加はありませんでした。

前泊・後泊の学生が多く、日帰りの学生は少なかったです。

ネットが繋がらない学生もいたようですが、私は問題ありませんでした。

 

⑤企業ブース

ロスキャリでは、20の企業ブースがありました。

ブースによって混雑度も様々でしたが、ブースで面接を行っている企業さんもありました。

混雑しているブースでは、常に誰かが社員さんに質問している状態でした。

Walk-inには履歴書(日英両方が好まれる)とエントリー用紙(その場でもらえる)が必要です。

Walk-inの書類選考の結果は、合格者にしか報告されません。

その電話もいつ来るかわからないので注意が必要です。

また、Walk-inには受付時間があります。企業ごとに違うので要確認ですが、朝1で行くのがベストだと思います。

(ちなみに、各企業、グッズをたくさん用意していて、ブースを回るだけで、ハンドスピナー、充電器、リップクリーム、手帳、トートバッグ、ストレス解消グッズなどなどたくさんの公式グッズをゲットできます)

ここで注意!面接室で合格を得た学生は、浮かれて企業ブースに報告に来ます!学生は複数会社受けているので、競合他社のブースに間違えて報告しに行くことが頻繁にあります!良い印象は持たれないので、合格しても冷静にブースに報告に行きましょう!(私もP社さんの結果を、競合他社のK社さんに報告してしまいました!!)

 

 

⑥レファレンスエリア

企業のパンフレットとグッズが並べてあります。人気企業のものはすぐに無くなっていました。

 

⑦本部とオフィス用品

本部

落し物はこちらです。また、大量のオフィス用品があるので、忘れても安心。

 

⑧ビジネスセンター

WindowsのPCが3台、プリンター2台、シュレッダー1台がありました。

ただし、PCは一人連続15分まで。

プリンターはレターサイズのみ、白黒のみ、片面印刷のみです。

ここで注意!Macで作成した日本語のファイルが、こちらのPCでは開けないという問題が多発していました!Macユーザーは当日印刷できないことも覚悟しておきましょう!

 

⑨マーケティングエリア

日経さんが、就職情報誌なんかを置いています。業界地図など参照できます。

 

⑩面接室

カーテンで仕切られた小部屋がたくさんあります。

グループディスカッションもここで行います。

 

 

 

3.LAキャリアフォーラム完全攻略!

 

ここからは、受けた2社ともディナーに誘われ、実際に二日で内定を獲得した僕が思うロスキャリ攻略法を書いていきます!

 

3-①ロスキャリ攻略TIPS!

 

  • キャリアフォーラム参加学生内での情報共有が大事!

一番はこれです。若干せこい気もしてしまいますが、やはりこれができると圧倒的に有利です。

面接で聞かれる内容や、GDのテーマなど、自分より先に受けた学生からの情報提供がすごくワークしていました。

企業さん側も、そんなにパターンを用意していなかったので、他の学生から聞いた通りの内容が出題される、ということもありました。

詳細までは聞かずとも、大枠が知れると大きいですよね。

人脈がものを言います。

 

  • 当日のセミナーに参加する

当日のセミナーは、企業の人事の方が行っています。

その人が、後々自分の面接官になる、ということもザラにあるので、行きたい企業さんのセミナーには積極的に参加して、当日の担当人事さんの考え方をしっかり吸収しておきましょう。

 

  • 行きたい企業の優先度をはっきりとつけておく

1日で2社しか回っていない私でも、なかなか大変でした。

キャンセルすることも覚悟して、優先度をつけておきましょう。

 

  • タスクを常に整理しておく

当日は急に面接が入ったり、今からブースに来いと言われたりと、スケジュールがごちゃごちゃになります。

取りこぼさぬよう、丁寧に整理しておきましょう。

 

  • 頭を切り替える

当日は、複数の業界の企業を受ける学生もいると思います。

アパレルの面接の5分後に、コンサルでGD、その10分後に金融の面接、ということもあるので、違う企業さんの選考に引っ張られないように、企業さん毎に頭を切り替えましょう。

 

 

あとは普通の就活と同様、事前準備だと思います。

業界研究・自己分析をしっかりした上で、できるだけ事前応募で選考を進めておきましょう!

 

 

3-②持ち物リスト

 

【必須の持ち物】

✅携帯電話(アメリカで通じる電話番号)

✅モバイルバッテリー・充電器

✅財布

✅腕時計

✅履歴書(日英両方)

証明写真の予備

✅プリントを入れるファイル

✅面接やGDの予約票

✅筆記用具

✅手帳・メモ帳(携帯電話が使えない且つメモが必要なときがあります)

✅ハンカチ・ポケットティッシュ

 

【あったら便利なもの】

✅パソコン

USB

✅企業に見せたい論文や研究成果(ネット情報です)

✅名刺

エチケットブラシ(会場までのバスでスーツにほこりがたくさん、、)

 

 

こんなところでしょうか、、!

質問があれば、下のコメントか、Twitterのほうにお願いします!

 

では!しんのすけでした!

 

【2019年4月23日追記:名称の変更について】

ロサンゼルスキャリアフォーラムの名称が、「 会計・コンサル業界キャリアフォーラム 」( Accounting&Consulting Careerforum)に変わりました。

 

この記事を書いた人

しんのすけ

経済学部4年生。カリフォルニア大学サンタバーバラ校に交換留学中。専門は行動経済学とその周辺分野。留学先ではギリシャ神話や天文学も受講。中国×韓国ハーフで福岡県出身。日本行動経済学会会員。大阪大学トイレ研究会の副代表。UCSB留学ブログも運営中。

しんのすけの記事一覧ライター一覧


その他の就活記事はこちらから!

【欧州最大の就活イベント】ロンドンキャリアフォーラム2019に参加しました
>イギリスはロンドンで開催されるロンキャリについてのレポートです!
準備から当日のタイムスケジュールまでしっかり書いてあるのでヨーロッパに留学する学生は必見です!

留学生の就活事情
(オーストラリアで留学中の学生によるレポートです)

 

〈ボスキャリ2018連載シリーズ〉

vol.1〜事前応募・Skype面接編〜
>確実に内定へつなげるためには、事前の応募が鍵になります。8社へ事前応募したメンバーによる、事前選考の徹底解説は要チェック!

vol.2〜本番勝負!Walk-in編〜
>当日企業のブースへ出向いて履歴書を提出し、選考を勝ち抜くWalk-inはちょっぴりコツが必要です。当日のレポートとともに大公開!

vol.3〜事前応募ver.当日の様子編〜
>事前応募から当日の内定へ至るレポートです。「思い切って企業数を絞った」「楽観につながる自信は持たない」など、多くの気づきが込められています。

vol.4〜半年前から始める!留学前の準備編〜
>約1万人の日本人が集まるといわれるボスキャリでは、ホテルや航空券の予約も一苦労です。そんな中で、ホテルや航空券を格安でゲットしたメンバーがその秘訣を紹介します!

REAL-2018th

大阪大学で開催されているREALプログラムの2018年度受講生です!

コメントを残す